FC2ブログ
『じーん・だいばー』の催眠術の駅【新】
エッチな催眠術の出てくるビデオ、コミック、小説、How to本等の紹介を目的とします。 また、催眠、MC系のブログ、サイトも色々紹介したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月の二次元催眠もの




ちょっと今月発売のコミックの内容確認をざっとしてきました。
すると今月は意外と当り月だったかもです。
前回は、これから出る物を紹介していましたけど、今回はもうすでに発売されているものの紹介です。


































『スーパーモンゼツメガビッチ』 ジョンK.ペー太 著





過激な断面描写で有名なこの方の新刊にも催眠ものが出てきていました。
この『スーパーモンゼツメガビッチ』
の中の短編のなかに一本混じっていました。
その短編の大筋は以下の通り。

野球部のマネージャーの女の子が部費を預かって歩いているうちに部費を無くしてしまったので、そのお金を落としたと思われる場所を特定するためにオカルト研の怪しい催眠術を頼って探すことに。怪しいオカルト研といっても、まじめに催眠誘導して、マネージャーが顧問から部費を受け取ったときまで催眠退行させて、彼女がその後どんな行動をしていたのかをさせてみてそれで探ると言う本格的なものだった。で、やってみたらどうやら彼女は部費を受け取った後、お手洗いによってそこで忘れたらしいことが判ったのですが…お手洗いの個室の中での行動もシッカリ再現して見せちゃったので、それを見ていた部員と催眠誘導をしたオカルト研がそのまま黙って見ていられるわけも無くってお話でした。

マネージャーに大人数でよってたかってやっちゃった挙句、催眠術でその記憶は忘れさせると言う鬼畜なことをした上に、催眠エッチの最中、白目を剥いちゃうくらい攻め立ててと言うなかなか凄いことになっていて、断面描写もあいまって迫力ある催眠陵辱ものになっていたです。

『もみゅちち』 狼亮輔 著





こちらはキルタイムの短編集ですが、なかなかMC分多めな話が多数含まれていました。
まぁ、あくまでMC分が多いだけで催眠ものではないのですけど、絵柄的には萌えるのでまぁ有りかと。
例えば、何でも言うことを聞いてしまうちょっと過激なデザインのメイド服とか、媚薬とか、魔法とかおまじないとかそういうシュチュエーションが多かったです。中でも、女の子が男の子にエッチになる魔法をかけて…な話があったのがちょっと変わっていたかもです。

『アングレカム』 大塚子虎 著





こちらの中にも催眠ものが入っていました。
コチラの場合、かなり変わっていていわゆる「なんちゃって催眠」なのですが、張り切って催眠誘導するのは女の子で、かかったふりをしているのが男の子と言うちょっと変わった展開なのです。かかったふりをしているだけなので、アレなのですが、男の子の場合、躊躇が少ないのでその分面白みが…でも、その分、女の子が何処まで暴走しちゃうのか楽しめると言う寸法になっていました。女性上位のエッチが好みならまぁいけるかも?でした。

今回、新刊・中古本を買うなら livedoor BOOKS 1500円以上で送料無料!
で、紹介していますがもちろんいつものDMMタイトル数15万タイトル突破!国内最大級の品揃え!

でも、用意されているのでお好みのサイトでお買い物してくださいね。

『学園催眠隷奴』





あとシルキーズから発売されていたこの作品がアニメ化されたようです。
『学園催眠隷奴~さっきまで、大嫌いだったはずなのに~』
















































スポンサーサイト
[PR]





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
 「スーパーモンゼツメガビッチ」が最も期待できそうですね。 「本人がイメージできる範囲」や「過去に体験している事柄」に反応が限られる。 そこをしっかり描写しているなと感じられました。 加えてマネージャーが部員達の存在が全然気にならない状態でイケナい行為に耽る下りも催眠の深さにより説得力を持たせていますね。

 後の作品は「女の子→男の子」と言った設定に興味を惹かれます。 こうした手の内で弄ばれるお話ももう少し出てきてもいいかな?とも思いました。
2010/04/27(火) 17:07:33 | URL | by麗々 (#MkTzidns) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。