FC2ブログ
『じーん・だいばー』の催眠術の駅【新】
エッチな催眠術の出てくるビデオ、コミック、小説、How to本等の紹介を目的とします。 また、催眠、MC系のブログ、サイトも色々紹介したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月の催眠コミックの紹介
ちょっと書くのをサボっていたら大変なことに…

って事でかなりのご無沙汰でしたがそのあいだにコミックや小説だけでも大変な量が出てきてしまっています。
なので、今回はとりあえずコミックと小説を紹介します。















『MOMOPAN(29) 催眠凌辱(2)』





コチラは催眠モノとしてみるとちょっと期待はずれ。
催眠というより魔法とか魔術とかそんな感じ。
MCものとしてならなんとか楽しめる程度。
もっと催眠っぽさが観たかったですね。

『催眠奴隷 ~淫欲暗示~』





コチラは先ほどの催眠陵辱とは違って個人的に超オススメな作品です。
一昨年末から電子出版で先行配信されていたさだこーじ氏の作品の単行本化作品で書籍化されるのを待っていた作品です。


『大催眠 (パラダイムノベルス)』


コチラは今月に発売された、ゲームのノベライズでゲームの大催眠の小説版です。4月10日に発売されたものです。ゲームの内容をチェックするのに最適かと。

『催眠遊戯』





コチラもゲームのノベライズ作品で、昨年発売された『催眠遊戯』の小説版です。
ゲームのシナリオ担当のおくとぱす氏の著作と言うことで期待度が高い小説本です。ゲームの評判も良かった作品なので期待したい作品です。コチラは4月6日発売でした。

『さいみんレッスン! アイドルプロデュースは催眠で』





ありそうでなかったタイトルの小説ですね。催眠でアイドル育成。でも何故かえっちな方面の育成が…
と言う感じの甘そうな感じのMC小説のようです。





でここからは最近始まった電子出版コミックスの紹介です。
電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

小説、ビジネス、
コミック、雑誌と豊富なジャンル!書店で使えるポイントが貯まる


『催眠調教~羞恥にふるえるキャミソール~』





佐藤まるみさんの催眠もの美少女コミックのネット配信版でコレはタイトル的に読んでみたいですね。

『禁断の美少女限定心療所~本名寺クリニック~』





コチラは単行本でもうすでに出版済みの作品で、作品としてなかなか愉快な作品軍でした。全4話オススメです。

『THE+催眠触手教師-3秒間の発情スイッチON!-(フルカラー)』





コチラはまだ読んだことの無い作品です。できれば単行本で出てきて欲しいものですが、この作家さんの単行本はまだ出てきていないので、単行本になるかどうかはこの電子出版作品の売れ行き如何なのでしょうね。

『催眠家庭教師~エッチな授業で成績アップ♪~』





アンドロイド用アプリの電子出版コミック
電子出版ものらしく結末が二通り用意しているとか。
スマホで読むというより、タブレットで読むサイズになっていると思われるので大型のタブレットで読みたい作品ですね。

『完全支配!女子こねクリ催眠時計~ま、引導コントロール~』





全10話の電子出版作品。大洋図書からの出版なので売れ行き如何では単行本化も夢ではないと想われます。なので、個人的には単行本化を希望です。

『催眠シリーズ』 萌川商店





全3話、三人分の催眠調教話で今年の2月に出てきた作品。DLはそれぞれ一人分づつ落とせる仕様で発売。
アド・グッドと言う、電子出版専門の出版社からの発売なので単行本化されるかは不明ですが、人気が有ったらもしかしたら…。

『特別診察室~催眠恥悦編~』





長編催眠系MCモノの『特別診察室』が電子出版化されました。
とりあえず10話分出ています。一話当たり格安で読めるのでスマホやタブレットで読むのに抵抗の無い方にオススメです。














スポンサーサイト
[PR]





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
 今月も楽しみな作品が見られますね。とても嬉しいです。  
 
 >催眠陵辱2&催眠奴隷
 前者は如何にも「催眠がオマケ。レイプがメイン」と言った印象を受けました。思い切ったようで実は安全パイのようで物足りなくなってしまいます。他の作品も研究して欲しいですね。
 それに対して後者は表紙を見ただけで催眠への拘りと造詣の深さが伺えます。ヒロインの抵抗しつつも誘惑に折れてしまう様が丁寧に描かれていてこれだけでも単体のイラスト作品として成立しますね。これは期待できそうです。

 >催眠遊戯
 ゲームは未体験ですがおくとぱす氏の作品だけに妄想が膨らんできます。「催眠に掛けられている自覚はあるのにどうにもならない」「催眠に掛けられている事が分からずに混乱する」そして「普段では有得ない自身の行動に何らかの理由付けをして受け入れてしまう」 ネット小説もそうですが氏の作品はこうした要諦を常に抑えているので常に安心して読む(或いは見る)事が出来ますね。催眠によるシチュエーションも豊富なので書店に行くのが楽しみです。
2013/04/28(日) 14:26:22 | URL | by麗々 (#MkTzidns) [ 編集]
>麗麗さま
コメントありがとうございます

まだ完全に読破できてないですが、もう一冊の小説、さいみんレッスンもなかなか良い感じに出来上がっています。流石に誘導シーンの詳細は省いていますが、催眠暗示の受け入れ方の書き方とか暗示の入れ方とかが本物っぽかったです。あと、催眠をかけるのが担当プロデューサなのですが、一番初めに彼は対象のアイドルたちから催眠をかけられているのでそこでどういう暗示をかけられているのかが楽しみなのです。
2013/05/01(水) 05:15:16 | URL | byじーん・だいばー (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。